よければお茶でも

ボードゲームを全方位から楽しみ尽くしたい人のブログ。ルール説明はざっくりです。

2018年のボードゲーム初めは「夜空の天の川」♪

明けましておめでとうございます。

昨年末から始めた本ブログ、今年もゆるゆる続けていきたいと思いますので何卒宜しくお願い致します。

婚約者の実家がある静岡から大晦日に富山へ移動~

 

帰省のお伴は『夜空の天の川』『Rocca Town』そして『バイバイレミングにしました♪どれもルールがわかりやすく、手軽に出来るのが魅力のカードゲームです。

そんな中で、新年最初のボードゲーム『夜空の天の川』

f:id:shibasiva:20180104092943j:plain

こちら、東京は三田のボードゲーム会に参加したときにゲーム制作者さんから直接ルール説明をしてもらいながら遊んで、すっかり気に入り、その場で購入させてもらったゲームなのです♪♪

制作者さんが海外の方で、年明けには母国へ戻られるため、ゲームマーケット2018春で頒布が出来るか未定とのことでしたが、 是非委託でも頒布してほしい!

 

そんな私の「夜空の天の川」愛を広めるべく(笑)、例の如く『5人プレイの設定で1人で遊』びながら ルールを説明したいと思います!

以下目次:

 

『夜空の天の川』の遊び方

カードの並べ方とゲームの勝ち負け 

夜空の天の川はハゲタカのえじきトランプの七並べミックスしたようなルールです。

プレイ可能人数は2人~5人。

5人プレイの場合はカードを9枚ずつと、宝石を2個ずつ配ります。場に中心星カードを置き、その左右にカードを2枚ずつ配置。

f:id:shibasiva:20180104223042j:plain

0~8の数字が描かれたカードの中から、場に出ているカードに対して±1の数字カードを並べ、天の川をつくっていきます。(8の次に置けるカードは0です。)

f:id:shibasiva:20180104223324j:plain

ただし、自分が並べたいカードを裏向きにして場に出し、一斉に表にしたとき、誰かと同じ数字カードを出してしまうと、そのカードは流れ星となり、並べることができません。

f:id:shibasiva:20180104223446j:plain

今回は2を出した人がカブってしまい、並べることが出来ません。

まぁ、「2を出した人」って言っても、この場のカードを出しているのは全部私なんですけどね!

最終的に、流れ星になったカードの枚数が一番少ない人の勝ちです。

 

カードが流れ星にならなかった場合は、数字の大きい順で場にカードを並べることが出来ます・・・あっ!!!

f:id:shibasiva:20180104230516j:plain

一人でカードをもちょもちょやっている私を不審に思ったのか、愛猫がパトロールにやってきました。熱心ににおいを確かめています・・・

f:id:shibasiva:20180104230635j:plain

f:id:shibasiva:20180104230804j:plain

脅威ナシと認めてもらえたみたい。

 

カードの並べ方と宝石の使い方

カードは、中心から上下に1枚ずつ、左右に4枚ずつまで並べることが出来ます。

つまり、縦3列・横9列の天の川が出来た時点で手元にカードが残っていてもゲーム終了です。その場合、手元に残ったカードは流れ星にカウントされません。

 

f:id:shibasiva:20180104223936j:plain

カードを並べる際、上の写真のように縦でも横でも±1で繋がるように天の川をつくれると、宝石を1個もらうことが出来ます。

f:id:shibasiva:20180104224408j:plain

逆に、下の写真のように縦横片方は繋がっているけれど、片方は繋がっていない場合、諦めてカードを流れ星にするか、宝石を1個支払って並べることが出来ます。

f:id:shibasiva:20180104224432j:plain

今回は宝石を支払って(=箱に戻して)、カードを並べることにします。

f:id:shibasiva:20180104224608j:plain

エーン゜:(つд⊂):゜。

ちなみに、置きたいカードが隣り合うカード2カ所は繋がるけれど、1カ所は繋がらない場合は、プラマイゼロとして宝石のやり取りは発生しません。

f:id:shibasiva:20180104231134j:plain

 

貯めた宝石は2個につき1枚、流れ星になったカードをなくすことができます。

このゲームの勝敗は流れ星カードの枚数で決まるので、最後の一手番より前に宝石を使って流れ星カードを減らしておいて勝負に出ることも可能♪

ちなみに、流れ星カードの枚数が一番少ない人が2人以上いた場合は、その中で宝石の数が一番多い人が勝ちとなります。

f:id:shibasiva:20180104225240j:plain

よし、4つの宝石を使って、2枚の流れ星カードをなくしておきましょう・・・

 

f:id:shibasiva:20180104230847j:plain

 愛猫はリビングから見守ることにしたようです。

 

黒星カードでお邪魔

さて、0~8の数字カードとは別に、2枚の黒星カードが紛れています。

f:id:shibasiva:20180104230202j:plain

f:id:shibasiva:20180104231042j:plain

このカードは所謂お邪魔カード。

どのカードにも繋がらないため、このカードの上下や隣にカードを置きたい場合は、宝石を1個支払わなくてはなりません。

f:id:shibasiva:20180104231443j:plain

うぅ・・・ここに置きたいのに・・・

f:id:shibasiva:20180104231600j:plain

仕方ない、宝石を支払おう・・・

ただしこのカード、皆で並べたいカードを表にした際に誰もカードがカブっていない場合は、出すことが出来ずに流れ星となります。

黒星カードを並べるには、1ペア以上数字カードのカブりがないといけません。

 

ゲーム終了!勝敗は・・・?

今回はカードを出し切る前に天の川が完成してゲーム終了!

f:id:shibasiva:20180104231700j:plain

手前真ん中にあるカードは私が実際にカードを選びながら場に出したもの、それ以外は全て上から順にカードを出したものなのに、偶然の力に負けてしまいました。そんなのアリ?

ただ、ある程度出し方を考えつつも、運要素もあり全くの初心者でも勝てるゲームなので、初心者の人に「これ面白い!」と思ってもらいやすいのではないかなと思います。

何よりカードが綺麗で、場に並べた時にテンションがあがる!

 

f:id:shibasiva:20180105081428j:plain

ゲームが終了して振り返ると、愛猫がどえらいブサイクへとトランスフォームしていました。どこかの遺跡?

※我が家の姫君は写真がお嫌いなのでカメラを向けるとブッッサイクな顔しかしてくれませんが、実際はこの2億倍くらいプリティです。

 

ゲームマーケット2018春での頒布を期待!!

f:id:shibasiva:20180105081735j:plain

『夜空の天の川』、いかがでしたでしょうか。

ゲームマーケット2017秋での頒布時は全くのノーチェックだったにも関わらず、非常にラッキーな巡り合わせで購入することのできたゲームですが、叶うならもっともっと沢山の人に遊んでほしいなと思っています。

 

もしゲームマーケット2018春にて頒布されていたときは、是非手に取ってお家にお迎えすることをオススメします♪